雛雛鶴三番叟

Hinazuru - Sanbasou

宝暦五年(1755)


” 菊の四季咲式三番 ──

 ─ 可愛らしさの姫小松 ”



歌詞

[謡ガカリ]〈三下り〉 とうとうたらり たらりら たらりあがりららりどう  所千代まで翁草 菊の四季咲式三番 可愛らしさの姫小松 木蔭に遊ぶ鶴亀も 座元の名にし生ひ繁る  竹は櫓の幕の紋 御贔屓頼み揚幕や とんと居なりに此の舞台 我等も千秋さむらはう  凡そ千年の縁は 二つ枕に結んだり 又万代をかけし契りは 水も漏らさぬ中川に  橋を渡すは何と言うたらよかろやら つい言うて言ふやうに 鳴るは瀧の水  絶えず逢ふ瀬を松の葉の 色は変らじただ何時までも しやほんに  なじょの翁のあだつきは 添ふも千歳仲人して 心の丈を尋ばかり  明して結ぶ妹背山 扨もよいよい好い仲同士は 天下泰平国土安穏 今日の御祈祷なり [合方 狂言ガカリ]


おおさえおおさえ喜びありや 喜びありや有明の 月の出潮に青木が原の  浪の声々打つや鼓の松吹く風も 颯々として 澄むなり澄むなり 音もすみ吉の  幾代経ぬらん夜遊の舞楽に 拍子を揃へて 足拍子揃へて 時も夜明の烏飛び 袖を返して面白や  在原や高天が原に住吉の 四社の御前で扇を拾うた 主にあふぎの辻占は そりゃほんかいな  逢ふとは嬉し 真ぞこちゃ嬉し 四社の御田の苗代水に 結ぶ縁の種おろし そりゃほんかいな  結ぶも嬉し しんぞこちゃ嬉し さア住吉様の 岸の姫松目出度さよ  実に様々の舞の曲 指す腕には悪魔を払ひ 納むる手には寿福を抱き  千秋楽には民を撫で 万歳楽こそ目出度けれ


解説

雛鶴三番叟はお祝いの曲で、宝暦5年(1755)頃の作曲とされています。長唄の三番叟にはいくつかありますが、その中で一番古いものです。

もともと能では神聖な翁、千歳、三番叟が順に舞う御祝儀曲で翁が中心ですが、歌舞伎では狂言師が舞う三番目に登場する、動きが速く滑稽で面白い舞に重点を置いた三番叟を独立して取り出して、それぞれ「何々三番叟」と称しました。

「今日のご祈祷なり」までの部分が翁、千歳の舞とされ、「おおさえ、おおさえ」から三番叟の舞となります。「おおさえ」とは囃子詞のことです。歌詞は謡曲「翁」からの引用もしくは書き換えが中心となっています。

もともとの猿楽では、五穀豊穣を祈る農村行事であり、三番叟は鈴を持って舞う農民を表すとされています。 「烏飛び」とは三番叟が黒の大紋付で横飛びする様をいいます。「青木ヶ原」とは日向の国(今の宮崎県)の地名で住吉明神発祥の地です。 「四つの神」とはそこに祭られている四つの神様のことです。

この雛鶴三番叟は、普通の三番叟が男性的色彩の濃いのに対し、極めて女性的な柔らかな感じの内容であり、女性に人気がある曲です。

4回の閲覧

© 2019 Kineya Katsuju Shamisen School with Wix.com

  • ホワイトInstagramのアイコン